お知らせ

お知らせ >> 記事詳細

2022/01/17Tweet ThisSend to Facebook | by office

「闘う市民の共同体 ―パルチザン闘争の記念碑建設を巡るジレンマ―」

----------

報告:セミナー「闘う市民の共同体 ―パルチザン闘争の記念碑建設を巡るジレンマ―」

2021年12月17日(金)14:40より当研究所客員研究員の門間卓也氏を講師としてZoomでのハイブリッド形式で国際学研究所セミナーを開催致しました。

門間先生は、ユーゴスラヴィア史を概観した後、第二次世界大戦以降にクロアチアでSUBNORと称する退役軍人組織が設立され、国内にもならず、国際的にも大きな役割を果たしてきた一方で、かつてクロアチア人の中には対パルチザン闘争に加担した者もいたことも浮き彫りになったというジレンマが生じたこと、また、1990年代にユーゴスラヴィアで内戦が勃発した後には、戦争の記憶も修正され、激戦地ともなったヴコヴァルという町では記念センターが設立され、平和教育の場としても活用されるようになったこと等を包括的にお話しいただきました。

その後、こうした大変興味深いセミナーを熱心に聴講した出席者全員より感想または質問が述べられ、有意義なひと時となりました。積極的にご参加下さった皆様に厚く御礼申し上げます。




14:52 | 講演

国際フォーラムのご案内



国際フォーラム
「21世紀アジア太平洋時代の日米関係」
終了しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。
 


21世紀アジア太平洋時代の日米関係

シンポジウム特設サイト



 



Copyright (C) 2013 Gakushuin Women's College Institute of International Studies

PAGE TOP